脳動静脈奇形の病気を受け止めて治療に専念する

病気を知る

脳動静脈奇形で気をつけること

脳動静脈奇形の病気は、若い方の脳の出血を起こすことで知られています。この病気は先天性の病気で、生まれつき脳の動脈と静脈が繋がってしまっているのが原因です。繋がると何がいけないのかですが、私たちの静脈は、元々は圧力の低い血液の流れる所ですから、壁が薄いことになります。繋がりが出来ると、薄い壁に非常に高い圧力がかかります。この高い圧力によって耐え切れなくなり、ある時に出血をしてしまう事があるので注意が必要です。生まれつきですので、検査をして偶然に見つかる方もおられます。しかし多いのが出血をして見つかる事が多いです。もう一つには癲癇発作をして見つかる事が多いです。だいたいは、無症状や出血、癲癇などになります。出血をした場合には、出血をしていない場合と治療の適応に差がありますので注意が必要です。

脳の出血をした場合に知っておくと良い情報

脳動静脈奇形の病気で、出血をした場合は、その1年間で再出血する割合が6パーセントで、それ以降は3パーセントになります。再出血する可能性と、手術に伴なうリスクを天秤にかける事で、手術をするかどうかを判断することが多くなります。一方で無症状のものも、年間3パーセントの出血率があると言われています。脳動静脈奇形の治療法は、いくつかあります。一つは何もしない事で、2つ目は開頭手術で取ってしまう事あるいは放射線による治療法があります。もう一つ知っておくと良い治療法に、カテーテルを血管の塊の所まで入れて、血管を詰めてしまう血管内手術も脳動静脈奇形の治療法にはあります。血管の塊や血管のつながりは、人によって場所も大きさも違いますので、人それぞれ適した治療が違うことになります。脳動静脈奇形の経験の多い医師と相談をして、詳しい検査を受けて、どれを選ぶかを考える事が大切になります。

ピックアップ

がんの治療

がんは、発症する部位によって名称は異なってきます。大腸がんや十二指腸がん、胃がんなど様々です。また、がんは他の部位に転移する可能性も高いためしっかりと完治させる必要があるといえます。

» readmore

髄膜腫の治療

髄膜腫は、脳の部分に出来るものであるため早めに治すことが大切です。また、症状が現れない場合もあるため人によっては気づくのが遅い場合もあるでしょう。しかし、手術などを行うことによって治すことが出来ます。

» readmore

診療科の循環器科

病院には、様々な診療科が存在しますがその中の一つに循環器科が挙げられます。血管や心臓など私たちの生命を維持するためにも必要な部分を診察してもらうことが出来る場所になっています。

» readmore

↑ PAGE TOP